謹賀新年

「寺子屋枝さん」も何と10年が過ぎました。
「まだやるの?」と声をかけてくれる教え子もいますが、
来てくれる方がいる間は続けようと思いますので、
お気軽にお出かけください。


バイオリン製作者陳昌鉉さんの伝記を高校の英語の教科書の教材にしたことがご縁で、
静岡までお出かけくださり陳さんの自作バイオリンによるコンサートを3回開きました。
今年は皆様との繋がりがさらに広がり、サイドリーダーをこの1月に発行します。
『In Seach of the Miracle Sound』というタイトルです。
分かりやすい英文で「夢と若さと可能性」に満ちた内容です。三友社出版からで、定価は500円+税です。
ぜひお読みいただき、御感想や御意見をお寄せいただきたいと思います。

韓国併合100年を迎える今年、日本と韓国の歴史の真実を学び、真の友好関係を築いていく事が大切です。
そのための学びにこのリーダーは大変有効です。陳さん自身がその歴史そのものを生きてきた方だからです。
陳さんも「個人と個人の付き合いには国境はありません。」
「もう国家や会社が個人を縛る時代ではありません。」とおっしゃておられます。
国境を越えた人と人との繋がりや心の交流が真の国際交流を生み、
平和な社会を作り出す原動力になることがこのリーダーから学び取れます。
 この物語は、陳さんが生涯の伴侶になるすばらしい女性とのめぐりあいから始まります。
夢を失わず、それを支えてくれるたくさんの人々との出会いが
人生の”可能性”を大きく広げてくれる事も感じ取れます。
 又ものを手作りする職人の誇りもベースになっています。
人生をかけて一つのものの完成度を高めていく
「職人気質」は大量生産、大量消費の現代の世の中で
失ってはいけないものだと思うからです。




In Seach of the Miracle Soundの本文の一部

In Seach of the Miracle Soundの裏表紙

陳さんからのプレゼントのバイオリン時計です

お正月の孫達(ゲームを楽しみました)





1/2/2010


ようこそいらっしゃいました。このホームページは、思春期の子どもを抱える親と子の相談室です。人間関係、学力、様々有ることと思います。中学校の英語教師38年の経験からお役に立てたらと思い開設しました。又教育現場で子供達と共に過ごしている皆様の悩み事や相談事も一緒に考えさせてもらいたいと思います。少しでもお力になれたら幸いです。










copyright (C) 2002-2009 All rights reserved terakoya edasan